ホームページ担当者のためのメモ

大阪のホームページ制作事務所フォルトゥナのブログの番外編です。ウェブ運用とか更新について、本体より軽めの話題を書いています。

休みのお知らせは休みが終わったら消しましょう

そろそろ夏休みですが、夏期休業の予定は決まっていますか? 決まっていればそろそろ告知してもいい時期ですね。

さて、新着情報に正月休みとお盆休みの予定が並んでいるのをたまに見かけます。

ホームページの訪問者からすると、過去のお盆休みの日程には何の興味もないです。多分、社員とかスタッフも終わった休みなんて興味がないでしょう。

なので、休暇が終わったら、その予定の表示は消してしまいましょう。もしかしたら前の年の日付を見て、勘違いされるかもしれませんし、いつまでも残っていても誰も得しません。

FAXとかメールの休みのお知らせは、休み明けに破棄されると思いますが、ホームページの場合は勝手に消えてくれませんので、残っている限りは見られてしまうんですよね。

公開される休業日は正確な情報です。でも終わってしまえば、訪問者が必要な情報ではありません。

不要な情報を整理して、消していくのも更新です。新しい記事を増やすことだけが更新じゃないことを時々思い出してくださいね。

必要な情報の判断に困ったらご相談ください http://www.color-fortuna.com/